藤枝マグロ漁師 [画像あり] の 2020年の税金は1億円超え

2019年1月5日
初ぜりで
落札された大間マグロは
最高値3億3360万円がつけられました。
落札したのは
またまた
すしざんまい社長。

毎年
気になるのですが
この落札されたマグロを釣った藤枝船長には
いくら入るの?

余計なお世話ですが
調べてみました。

釣った人の手元にはいくら入る?

2019年1月4日早朝に、
大間漁協所属の一本釣り漁船「第28光明丸」
(4.9トン、藤枝亮一船長)が
278キロの大物を水揚げしました。

藤枝船長の場合は
大間漁協に所属しており
青森県の漁業組合、
そして
新しくなった豊洲市場で
それぞれ手数料を取られます。

大間漁協で4%
青森県漁業組合で1.5%

豊洲市場の手数料が
いくらなのか
調べたのですが、
わかりませんでした。

築地市場の時には
手数料5.5%でした。

野菜や果物を卸す青果部は
築地と豊洲ともに8%だったので

魚関係も手数料が
築地と豊洲ではおなじだとすると
5.5%となり
おのおの
4%+1.5%+5.5%
合計で卸売金額の11%が差し引かれます。

つまり
3億3660万円の11%なので
36,696,000円
約3700万円の手数料となります。

手数料だけではなく必要経費がかかっている

必要経費として
漁船の運転費用
人件費
その他がかかります。

漁船の大きさは約5トンなので
それほど大きくなく
一日の燃料費としては
1万円もいかないでしょう。

1年のうち200日は漁に出たとして
漁船の運転費用として
約200万円程度で抑えられます。

人件費は
藤枝船長が何人雇っているかによります。

2人だとすると
人件費
推測でしかないのですが
500万円x2で1000万円。

ここまでの合計が
4700万
おおよそ
手数料や必要経費として5000万円
差し引かれます。

ということで
約2億8300万円が
手元に残ります。



税金を忘れてはいけない

税金が翌年かかるので
そのために
ためておく必要があります。

私は税金には
かなり疎い。

さっくりと
半分は税金や社会保険料として納付すると
1億4000万円。



まとめとして

まぐろは別名
ブラックダイヤモンドといわれます。
まさに
一攫千金。

藤枝船長(グループ?)は
ざっくりと
手元に
1億4000万円はのこるということです。

景気のよい話で
世間の景気もちょっとはよくなる?

でも
2番目の大きさのマグロは
この100分の一程度の価格になってしまいます。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP