光免疫療法 は 末期の患者さんの希望にもつながるはず. [2018がん撲滅サミットの報告].

2018年11月18日に開催された
第4回癌撲滅サミットの報告を
いただきました。[] ばたばたしており
更新が遅れています。
スイマセン。
<(_ _)>

ガンの治療法は
日々進歩しています。

日常から「免疫力」を意識した行動
(食、運動、気持ち)をつづけることが
奇跡へとつながります。
奇跡への鍵は「希望」です。



第4回癌撲滅サミットの報告

第4回癌撲滅サミットの
チケットお譲りしたKさんから
わざわざ丁寧に報告をいただきました。
ありがとうございました。
<(_ _)>

いただいたコメントの一部です。
(了解を得ています。)

免疫力の大切さを改めて考えさせられました。
サミットには医療従事者や
がん患者さんたちが多く集まっていて、
連帯感のようなものを感じることができました。
これからも希望を捨てずに
病気とむきあおうと思います。
ありがとうございました。



第4回癌撲滅サミットの内容

第4回癌撲滅サミットの開会式では
佐治大会長による開会宣言のあと、
安倍晋三内閣総理大臣からの
メッセージが大会長により代読されたそうです。

第4回癌撲滅サミットの
色々な話題の中からいくつか取り上げます。


がん医療とMuse細胞

Muse細胞は
いま再生医療の分野ではホットな話題です。
Muse 細胞
(Multilineage-differentiating Stress Enduring cell)とは、
東北大学の出澤真理教授らのグループにより
発見された多能性幹細胞のことです。

2010年に
はじめて発見されました。
「多能性」とは
いろいろな細胞に変身(分化)
できる能力があるということです。

実際に
東北大学では
2018年9月から
Muse細胞を使った治験がはじまりました。

脳梗塞に対するMuse細胞治療の治験開始

Muse細胞とガン、
一見、無関係ですが、
Muse細胞は障害を受けた細胞に近づき、
修復する能力があるのです。

ガン治療におけるMuse細胞の使い方としては
抗がん剤により障害をうけた
血管、細胞や臓器に近づき、
修復するというすばらしい機能秘めています。



光免疫療法に関して

2017年の癌撲滅サミットには
光免疫療法の開発者である
小林久隆主任研究員が登壇しました。

その講演内容が
ホームページ上から
視聴できます。

「光免疫療法最前線」
小林久隆
NIH(米国国立衛生研究所)
NCI(米国国立がん研究所)



免疫力がなければガンは治らない、

最後に

がん治療のエキスパートの一人
中村 祐輔先生も
今回のサミットに登壇しました。

中村 祐輔先生が
強調しているように
免疫力は大切です。

免疫力がなければガンは治らない、
免疫力が抗がん剤の効果もアップする、



サミットラストのメッセージ

真っ暗な暗闇の中で生きるのか、
わずかな灯りでも
希望の中で生きるのか

というメッセージがあったそうです。

希望の
「ある」、「なし」で
患者さんや家族の人生の質に
大きな差がでます。

ガンだけに限りません。
認知症でも
神経難病でも同じです。

今後も
「希望」のもてる情報をどんどんと
紹介したいと思います。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP