赤ちゃん用ワクチンに ヒ素 の危険性.

BCGワクチンに
ヒ素が混入しているというニュースが
2018年11月2日にありました。

実は
ヒ素は認知症とも関係があります。
昔、
ヒ素を使って
認知症を起こす病気の治療に
使われていたのです。

ヒ素はなんで使われるの?

結核を予防するため1歳未満の子どもに接種するBCGワクチンの溶液の一部から、
基準を超えるヒ素が検出され、製薬会社がことし8月から出荷を停止していることがわかりました。厚生労働省は「検出されたヒ素はわずかで、
仮に接種したとしても安全性に問題はない」としています。

NHKより引用

会社は
東京・文京区の
「日本ビーシージー製造」です。
この会社しか
1歳未満の子どもに接種する
BCGワクチンを作っていないそうです。

毒性を持つヒ素を
なぜわざわざ使う必要があるのでしょう?

ワクチンや食料品へのヒ素混入は
今回が初めてではありません。

昭和30年には
森永乳業株式会社で
調製粉乳にひ素が混入しました。

平成27年12月末時点での
このミルクを飲んだ赤ちゃんの
被害者数は、
13,442人です。
厚生労働省資料より

今回のワクチンの場合には
毒性はないほどの微量だということです。
会社の説明では
ヒ素を使って
ワクチンの容器を洗浄しているそうです。

ヒ素の用途としては
他にも
漢方として抗炎症作用をもたらしたり
昔は
「梅毒」の治療薬としても使われていました。



ヒ素は急激にストレスを生む

私は現在
実験で
ヒ素を使って筋萎縮性側索硬化症(ALS)の実験を
癌研と一緒に進めています。

培養細胞にヒ素をふりかけると
30分という短い時間で
細胞は反応し始めます。

目では通常見えませんが、
表紙の画像のような
つぶつぶを
発現し始めます。
(白い矢印です)
これは
「ストレス顆粒」と呼ばれています。

拡大すると
こんな感じです。


赤色は人工的につけています。

細胞が
ヒ素の毒性を感知して
ストレス顆粒を作る
のです。

おもしろいことに
このストレス顆粒は
元気な細胞しかできません。

弱っている細胞は
ストレス顆粒も作れずに
死滅していきます。

ストレス顆粒を作ることによって
何か細胞にとって大切なものを
守っていると考えらえています。



梅毒に話をもどします。

ヒ素治療をしていた梅毒とは?

梅毒が進行すると神経梅毒といい
認知症や錯乱などの症状があらわれます。

現在では良い薬があるため
神経梅毒にまで進む患者さんは
先進国では
少なくなっています。

しかし
約100年前には
梅毒による認知症が圧倒的に多かったです。

この背景から
ドイツでアルツハイマー博士が
世界最初の報告をしました。

報告内容は
その当時流行っていた
梅毒による認知症ではない
珍しい認知症の女性がいたという内容でした。

これが
現在のアルツハイマー病型認知症です。

つまり
100年前の認知症は
感染症から起こる認知症であり
現在の認知症は
神経変性型認知症です。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP