喫煙 が さくらももこさん の 乳がんリスク を 3倍 に上げた

「ちびまる子ちゃん」の
作者さくらももこさんが
乳がんのため2018年8月になくなりました。
53歳でした。

さくらももこさんは
タバコが好きでした。
タバコの4つの利点を述べていました。

しかし
残念ながら
タバコ・喫煙は
発がん物質です。
どれぐらい
乳がんリスクは上がるのでしょうか?



さくらももこ流タバコの利点

さくらももこさんの独特の感情表現が
好きで
「ちびまる子ちゃん」は良く見ていました。

以前、
認知症の記事にも
ちびまる子ちゃんの
お父さん(ひろし)と
おじいちゃん(ともぞう)を使わせてもらいました。

ちびまる子ちゃんのおじいさんは認知症なの?

実は
さくらももこさんは
ヘビースモーカーでした。

さくらももこさんは生前、
たばこを吸う利点を4つにわけて
述べていました。

1 ホッとする
2 コミュニケーションを円滑にする
3 煙をみるのが好き
4 健康に、より気を使うようになる。

しかし
残念ながら
たばこ・喫煙は
乳がんにも悪影響です。



吸っていなくても約2倍の乳がんリスク?

閉経前の女性で
タバコを吸わない
また
タバコの煙も吸うことがなければ
乳がんの56%が予防できます。

一方、
タバコを吸わない人だけど、
周りが吸っている環境だと乳がんにかかるリスクは2.6倍に増加します。
自分もタバコを吸うのであれば、
乳がんのかかるリスクは3.9倍にアップします。

つまり
タバコの煙は
確実に乳がんになるリスクを2倍以上

引き上げてしまいます。

既に
乳がんであっても
タバコを即日
やめる方がいいと思います。

なぜなら
乳がん患者の
10年生存率は、
タバコを吸わない人では90%
一方、
たばこを吸う人では60~70%台に低下します。



ガン治療の基本は
早期診断、早期治療です。

では
早期診断のための
がん検診は機能しているのでしょうか?



どれくらいの人が
乳がん検診をうけているの?

がん検診に関する統計データ

がん検診受診率(国民生活基礎調査)を元にしました。

乳がん検診は、40歳以上の女性において
2年に1回、実施されています。

受診率は
2010年、2013年、2016年で
乳がん検診の受診率を調べたところ
2010年は39.1%、
2013年は43.3%
2016年は44.9%

と増えてはいますが、
まだ半分にも満たない状況です。



ためしてガッテンの乳がんへの取り組み

この状況を踏まえて
NHK放送の「ためしてガッテン」が
国立がん研究センターと組んで
ある取り組みをはじめました。

国立がん研究センターが全国自治体を通して、
検診受診の個別通知はがきを
2018年9月初旬に送付するのです。

乳がん検診助成対象
約86万人に、
通知が届くようです。

「ためしてガッテン」のテレビの力もあり
乳がん検診の受診率は上がるのではないかと思います。



詳細は2018年9月5日の番組です。

また追記します。

今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP