アルツハイマー病 のうち 約50% は 合併症.

Pocket

朝丘雪路さんが
アルツハイマー型認知症のため
2018年4月27日に
亡くなられました。
82歳でした。

報道では
アルツハイマー病と
されていますが、
別の疾患が
合併していた可能性があります。



合併していた疾患はなに?

朝丘雪路さんは
ここ数年
アルツハイマー病の
治療をされていました。
最後は「心不全」で亡くなられました。

実は
朝丘雪路さんは
うつ病を約5年間患っておられ
報道はされていませんが
「レビー小体型認知症」と
アルツハイマー病との合併の
可能性
が大きいです。



レビー小体型認知症の合併の可能性もあり

アルツハイマー病と
レビー小体型認知症の
病態は異なるのですが、
合併することも珍しくありません。

このことはあまり知られていません。

特に
レビー小体型認知症は
比較的
ここ数年で
知られてきた疾患であることから
医療従事者でも
まだ知らない方もいます。

臨床上
「認知症」と
診断された方の脳を
何十例も見てきましたが、
約50%は
アルツハイマー病と
レビー小体型認知症が混ざっています。

剖検されて
初めて
病気の確定診断がなされます。

朝丘雪路さんの場合に
剖検されたか
どうかは
わかりませんが、
レビー小体型認知症を
合併していた可能性もあります。

実は
レビー小体型認知症の
特徴の一つに
幻視や重度のうつ病があります。

2014年5月
朝丘雪路さんは
79歳のときに
重度のうつ病を発症していました。

「実は朝丘さんは老人性うつ病なんです。
昨年の秋頃からその症状は出ていて、よくなったり、
悪くなったりという状態だったのですが、
ここ最近はぼーっとうつむくことが多くなってしまったそうで…」(朝丘の知人)

女性セブン2014年6月5日号



朝丘雪路さんは認知症のための治療はなにをしていたの?

認知症の原因でもっとも
多いのは神経変性です。

特に
神経変性のアルツハイマー病が
トップです。

次いで
前述した
「レビー小体型認知症」が多くなっています。

どちらの疾患も
アセチルコリンの分解を抑える
アリセプトを処方するのが基本です。

ただ残念ながら
あまり効果は期待できません。

さらに残念な事として
病態を改善する薬剤は
今のところ一切ありません。

ただ
アメリカを中心に着目されている
治療法があります。

「リコード法」です。

リコード法とは?

「リコード法」といっても
急に症状が改善したりするわけではありません。

この治療法を続けられるかどうかが肝です。
続けることができれば
90%の確率で
病態が改善するといわれています。

ヒトは
一人で治療を続けられるほど
タフではありません。

家族や仲間の
「愛」が
必要となってきます。

愛とは
最も親しい人を家でいたわることから始まります。

マザーテレサ
(べビブレ的意訳)

Love begins by taking care of the closest ones – the ones at home.
Mother Teresa

朝丘雪路さんの
ご冥福をお祈りいたします。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。

「あなたから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時にこのブログでコツコツと活動をしています。

みそしる一押しお願いします。

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP