光免疫療法 の 小林久隆 さんと 山中伸弥 さんの番組が 楽しみ なのに…

Pocket

山中伸弥教授と
小林久隆主任研究員の対談があります。

2018年4月27日(金) 22:00~22:28
日経CNBCてれび 

iPS技術を開発した
山中伸弥教授は
現在も京都大学教授として
研究も継続しているそうです。

一方、
光免疫療法を開発した
小林久隆主任研究員は
現在
アメリカ国立がん研究所で
働いています。



iPS技術の応用

iPS技術も
光免疫療法も
従来の常識とは違う
全く新しい技術です。

それを開発した2人が対談すると
どんな話になるのでしょうか?

iPS技術も
光免疫療法も
治療として生かすため
ドンドンと
現実に近づいています。

iPS技術も
光免疫療法も
これ以外の使い方があります。

たとえば
iPS細胞は
効果的な薬剤を見つける手段
として
使われています。

また
細胞がどうして
病気になっていくかの
病気のプロセスを調べることも可能です。



光免疫療法の別の使い道

一方
光免疫療法は
どのような別の生かし方が
あるのでしょう?

ガン以外の疾患への応用。
たとえば
炎症をやわらげるために
抗炎症抗体を効果的に
局所に届けることもできるでしょう。

つまり
光免疫療法の技術は
抗体をつかって局所に届ける
デリバリーシステムとして応用できます。

どんな対談になるのかとても興味があります。



放送が日経CNBCてれび ので
スカパーに入っているか
日経電子版の会員の方しか見れないようです。

がっくり。

JCOMか
ひかりTV
auひかりなどの方も見れるみたいです。

詳細は
リンク先をどうぞ。



まとめ

私は今
オートファジーの
学会に来ています。

特に
今回は選択的オートファジーという
かなりマイナーな学会です。

ただ、
病気とは
密接に関わっており、
アルツハイマー病
パーキンソン病は
もちろん
神経以外の多くの疾患にも関わっています。

iPSも
光免疫療法も
すごい技術ですが、
これ以外にも
まだまだ
新たな新技術の芽が日々芽生えています。

番組を視聴できた人
感想をおしえて。
ほしい。。。

日経CNBCてれび 



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

みそしる一押しお願いします。

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP