認知症 を 世界 からなくすための 対策. [研究面]

Pocket

世界中で認知症の研究が
進められていますが、
遅々として進まないです。

でも
前向きに
進んでいきましょう。

お金を持っている方は
今のこの状況を何とかするために
私財を投じています。

マイクロソフトやグーグルの創業者が「認知症研究」に私財を投じる理由

また
新しい技術や材料が
次々と生まれています。

認知症研究が進まない3つの要因

要因は少なくとも3つあると思います。

1 根本的な原因が不明。
2 ゆっくりとした変性なので効果を見るために時間がかかる。
3 認知症早期の人を見つけにくい。

ガンや炎症などとは
病態がまるで異なります。



認知症対策を効率的に進めるための新技

2018年3月に
アメリカのバイオテクノロジー企業
Elixirgen Scientific
(エリクサジェン・サイエンティフィック、
カリフォルニア)が、
様々なヒト疾患モデル細胞を売り出しました。
(表紙の画像がホームページです)
山中先生のiPSを使った技術です。



患者由来iPS細胞の種類

自閉症モデルやてんかんモデルなど
神経系に限っても
疾患例が豊富にあります。

比較できるように正常例も
たくさんリストにありました。



認知症患者由来細胞をどう使う?

今後
患者由来の細胞を1,600種類まで増やし
提供をするとのことです。

これらの細胞を使うことで
どのようにして病気が進んでいくのか
細胞レベルで解析することができます。

さらに
有効な薬のスクリーニングや
創薬にも利用できます。



認知症患者由来iPS細胞の価格は?

ちなみに
価格は
大学などでは750ドル

約8万円程度です。

企業が利用するとその倍
1500ドルとなっていました。
16万円ほどです。



他の神経変性へも応用可能

私は
5年前に京大に
iPSの実技講習に行きました。

パーキンソン病
レビー小体病
多系統萎縮症の
神経変性への応用ができるかと思ったのです。

しかし
その頃は
神経細胞に分化させる段階で
様々な手法が混在しており
とても片手間でできるものではないなと思い
あきらめました。

ここ数年で
技術が進歩しました。

分化誘導に関する研究が加速し
今では1週間程度で確実に
ある特定の神経細胞に分化させせることができます。
すごい進歩です。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。

一歩ずつですが
みんなで進んでいきましょう。

みそしる一押しお願いします。

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP