光免疫療法 の 問題点 をハッキリさせる. そして 改良.

Pocket

2018年2月21日に
新しい光免疫療法の論文がでました。

光免疫療法の
限界を広げる技術を模索して
見事
内部光源を取り入れること
従来よりも
光の暴露できる範囲を広げました。

この技術を使うと
今までよりも
多くの光をガン細胞に対して
暴露できるために
ガン細胞へのダメージを
広げることができます。

では
もう少し詳しくみていきましょう。



光免疫療法の欠点

光免疫療法は
良い面ばかりが強調されていますが、
まだまだ
発展途上の技術だということを忘れてはいけません。

もちろん
問題点(限界)があります。

光免疫療法の問題点は
大きく2つです。


光の照射範囲が限られているために
内部深くのガン細胞まで届かない。


ガン特異抗体の種類が少ないために
現在はまだ限られたガン細胞種にしか
光免疫療法を使うことができない。



今回の論文では
1番の問題点を克服するため
技術を改良しました。

2番目の問題に対しても
手をこまねいているわけではありません。

チェックポイント阻害剤との併用で光免疫療法の効果を高める



新しい論文

光免疫療法を開発した
小林久隆さんがラストオーサーです。

ラストオーサーとは
その論文の責任を大部分
担うということです。

タイトルは
外部および内部光源の組合せ暴露による近赤外光免疫療法。

Near Infrared Photoimmunotherapy with Combined Exposure of External and Interstitial Light Sources.

doi:10.1021 / acs.molpharmaceutica。8b00002。



組織内の光の浸透は深さ約2cmです。

円筒形の光ファイバーを用いた
内部光暴露で
この問題点を克服することができる可能性があります。

では
実際に
同程度の光エネルギーで
3種類の光暴露法を比較してみましょう。

1 外部暴露のみ、
2 内部暴露のみ
3 組み合わせ。

上皮増殖因子受容体(EGFR)陽性である
A431-luc異種移植片をマウスに静脈内投与し、
IRDye-700DX(pan-IR700)を
光吸収体と結合した
パニツムマブをマウスに静脈内投与しました。

要するに
光免疫療法のモデルを
マウスで作ったということです。



1日後
および
2日後、
3つの方法のうちの1つを試しました。



新発見(結果)

結果として
内部暴露のみ、
および
内部暴露と外部暴露との組み合わせで、
生物発光シグナル強度の最大低下を示しました。

さらに、
外部暴露と内部暴露の組み合わせは、
外部暴露単独と比較して、
有意に腫瘍サイズが減少しました。
さらにマウスはより長期まで生存しました。

以上の結果から

外部および内部光暴露の組み合わせが、
外部から照射された光線単独よりも
効果的であることを示唆されました。



がん患者さんにおいても
外部および内部曝露の組み合わせを使うと、
組織表面から2cmを超える深さの腫瘍において
優れた治療効果をもたらす可能性が開けました。



まとめとして

一歩づつですが、
技術を少しづつでも
改良することで
従来よりも
効果的な治療法に近づきます。

積み重ねは大きい。

技術面では
小さな一歩に過ぎないかもしれないが、
人類にとってもは大きな一歩である。

By べビブレ

月面着陸と同じことが
先端技術の世界でもいえます。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

みそしる一押しお願いします。

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP