光免疫療法による やけど の 副作用 をどのように 解決 したのか?

Pocket

近赤外線光免疫療法は、
抗体 – 光吸収体複合体と
近赤外線光線を使った
新しいタイプのガン治療法です。

久しぶりに
新しい研究報告が発表されました。

Oncotarget.8(68):113194-113201 2017.
doi: 10.18632/oncotarget.20179. eCollection

この技術でもちいる近赤外光が
皮膚の結合組織に吸収されると、
ある程度の熱が
局部的に
発生することが知られています。

そして
ガン撃退効果を高めようとして
近赤外光の曝露を必要以上に行うと
非特異的に
「やけど」
引き起こしてしまう可能性があります。

解決可能?
もちろんできました。

では
どんなふうにして
解決したのでしょうか?



光免疫療法の現状

「近赤外線光免疫療法」は
2018年3月頃に
日本でも臨床試験が
始まることが報告されました。

現在はまだ
頭頸部癌にしか試されていませんが
その効果は
従来の抗ガン治療を
はるかにしのぎます。

しかし
効果にばかり目を奪われてはいけません。
光免疫療法にも欠点があります。

光免疫療法の限界とは?



今回の最新研究報告では
「温度」に着目しています。

光免疫療法による「やけど」

実は
近赤外線光免疫療法によって
ある程度、
皮膚の温度が上昇します。

つまり
やけどの危険があります。

では
1 実際に皮膚の温度変化がするのか?
する場合には
2 どの程度まで温度は上昇するのか
ということは
これまで測定されていません。



そこで
この新しい研究では
ガンをうえつけた
(免疫不全)マウスの皮膚を用いて
組織内の温度変化を測定しました。

結果として

マウス腫瘍モデルにおいて、
2つの光源、
レーザー
および
発光ダイオード(LED)を比較した結果、
光源はレーザー光源か
LEDかにかかわらず、
皮膚が急速に加熱されることがわかりました。

その温度は約50度です。



この上昇を抑えるため
どのような方法を用いたのでしょうか?

皮膚表面の空気を冷やすための装置を
使うとよいことがわかりました。

クーラーを使うと
温度は40度程度に下がりました。

なーんだ!
というぐらい簡単なことですが、
こういう一つ一つの
欠点を解決していくことが
大切なんですねー。

もう一つ大切なこととして
皮膚温度の上昇と
治療された腫瘍の腫瘍体積には
まったく関係がありませんでした。



そこで次に、
様々な光量を暴露して
皮膚への熱的損傷の程度を調べました。

近赤外光が600 mW / cm 2より
高い出力密度であった場合には、

光免疫療法の1日後に
「やけど」がでてきました。

この場合には
どうやって解決したのでしょうか?

光曝露の持続時間を延長して、
より低い出力密度で治療をすれば
よいことがわかりました。

なーんだ!

だれでも思いつくやないか!
と思うでしょうけど、
こういう些細な現象にまで
気を配っているというのが
技術の信頼性につながる
じゃないですか。

でしょ?
(^-^)

結論として、

今回の新しい研究では、
近赤外線を利用した
光免疫療法による「やけど」について
実際に温度を測定しました。

そして
約50度近くにまで
達することがわかりました。

解決方法として
冷却システムを使用するか、
または
光源の出力密度を低下させること
(全エネルギーが一定であるように曝露時間を延長する)で
「やけど」を回避できることがわかりました。

約40度ていどで収まりました。

つまり
近赤外線光免疫療法による「やけど」は
解決できるため
心配ないということです。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

みそしる一押しお願いします。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP