発酵育脳家 の第一歩はバタバタ劇でした. 発酵食品 から 脳 をはぐくむ ワークショップ始動

Pocket

新年そうそう、
ばたばたとしています。

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

いそがしいけど、
「酒粕」は毎日欠かさず
食べてます。



最近のお気に入りは
アップルタルトっぽいゼリー。

酒粕とリンゴのスライスを
コトコトと煮ます。
そこに塩と酢を少々。
これで甘味がグッと増します。

それを
お餅につけて食べてます。

メチャクチャやん!

意外と美味しいだけどなー。



酒粕を料理にくわえると
料理の味は2倍ぐらい
良い感じになります。

さらに酒粕のおかげで
料理に「コク」と「うま味」はでるわ、
お肌はツルツルするわ
さらに快腸!
酒粕、最高!

どうして酒粕をいれると「コク」と「うま味」がアップするの?



今日は酒粕をつかった新たな料理に挑戦。

3日前から
ささみを酒粕のなかに漬けていました。

(表紙画像)

それを
フライパンで焼き

味は・・・

思っていたよりも
変わりませんでした。

(-_-)・・・

ただ、
肉がほどよく、
柔らかくなっていました。
酒粕「味噌」漬けにすれば
かなり料理的にいけるはず。

再度、挑戦です。



醗酵育脳家
としては
2018年は
もっと発酵食品を使いこなせるように
なりたいです。

あまざけ
酒粕
塩こうじ
おからパウダーなど

なんや、その醗酵育脳家って?

発酵食品を日常にもっと取り入れて
腸から「脳」を育もうとおもって。

食育脳アドバイザーや
発酵料理研究家はいますが、
とくに脳に特化して
「発酵育脳家」と
勝手に名付けました。
科学的にアプローチします。

昨年2017年12月に
宝塚で開催した
ワークショップ(?)で
初デビューを果たしました。

参加していただいた18名の方々
報告が遅くなりましたが、
本当にありがとうございました。

高校生から
70歳代の方まで
幅広い方々を前に
少々緊張気味。

慣れないコンピューター操作で
バタバタとなってしまいました。

妻は
しょっぱな4分で
「これ、無理っ!
原稿がないとデキナイ!」
とかいいはじめるし・・・。

参加者の皆さま、
温かい目で見守っていただき
本当にありがとうございました。

<(_ _)>

バタバタのワークショップでしたが、
また開催してほしいという
ありがたい言葉を
たくさんいただきました。

そこで
第二回のテーマ「ストレス」ということで
2018年4月に開催予定です。



季節の変わり目には必ず体調を崩す方
一日の午後になると疲れを感じる方

また
朝から身体が重い方

こころに「ストレス」という
重い思いを抱えています。

ストレスは
ジワジワと身体に影響していきます。



切羽詰まったバタバタ劇を見たい方や
ストレスを軽くし、
逆にストレスを生かして
身体をより心地良い状態に戻したい方
是非、
ワークショップ参加をどうぞ。

今後ともよろしくお願いします。

<(_ _)>

今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。

「あなたから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時にこのブログでコツコツと活動をしています。

みそしる一押しお願いします。

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP