すしざんまい 初競り 2018年の ライバル は この2人.

Pocket

2018年1月5日情報を追記しました。

2018年の初ぜりは
2018年1月5日。

初ぜりで落札される
大型マグロを捕獲する漁師は
不思議と決まった人になることが多いです。



2013年の初競りで
1億5540万円の値をつけたクロマグロは
青森・大間産。

初競りのマグロを釣り上げたのは、
竹内大輔さん(36才)。

その約10年前
2001年
築地市場の初競りで、
それまでの最高額2020万円のマグロを
釣り上げたのは竹内薫さん(62才)。
つまり
竹内薫・大輔さん親子でした。



そして去年
2017年は7420万円で
落札されたまぐろをつったのは
竹内正弘さん。

竹内正弘さんは
2017年12月29日にも
399キロの超大型マグロを
捕獲し、
2018年の築地市場の初ぜりに
出す予定です。



大間に
マグロ漁師すくないんとちゃう?

いえいえ、
そんなことはありません。



青森県大間には
漁業経営体数が
474 団体あります。

そして
漁業就業者数は746 人。

そのうち
マグロ漁を行う「はえ縄」は
49経営体あります。
(いずれも2013年漁業センサスより調査)



つまり
大型マグロを釣る人は
かなりかたよっています。

技術や船の設備も
もちろん影響するでしょう。

ただ
私、研究者として
神経科学的に考えると

釣る人も人間、
釣られる「まぐろ」も生き物

最後は
「こころ・気合」だと思います。



7420万円のうちいくらマグロ漁師はもらえるの?

マグロ漁師 竹内正弘さんの「こころ」とは。

まぐろの漁師も「こころ」が大切なら
一方の
落札する側も「こころ」が大切です。

落札者に注目すると

2008年
板前寿司(中国人経営)

2009年(963万円/128kg)
板前寿司&銀座 久兵衛(2社共同)

2010年(1628万円/232kg)
板前寿司&銀座 久兵衛(2社共同)

2011年(3249万円/342kg)
板前寿司&銀座 久兵衛(2社共同)

2012年(5649万円/269kg)
すしざんまい

2013年(1億540万円/222kg)
すしざんまい

2014年(736万円/236kg)
すしざんまい

2015年(451万円/108.4kg)
すしざんまい

2016年(1400万円/200kg)
すしざんまい

2017年(7420万円/212kg)
すしざんまい



2018年
落札するのは
過去の落札実績から判断して
この3人の誰かでしょう。

(敬省略)
木村清

過去2社共同で
落札していることから
中村桂・今田洋輔



木村清さん



中村桂さん

「寿司屋の社長」世界食べ歩きブログより画像引用
http://itamae.co.jp/company/



今田洋輔さん



ただ儲けたい!だけではない
熱い思い(こころ)があるはずです。

マグロ初ぜりで高額をはたいても
かなえたい
本当の思いは?
夢は?



すしざんまい
株式会社 喜代村

代表取締役 木村清
マグロ大王プロフィールより引用

日本の食文化の素晴らしさを
もっともっと世界に発信し、
世界の人々と交流を深め、
戦争のない平和な世界をつくっていきたい。



板前ずし
株式会社 板前寿司ジャパン

代表取締役 中村桂
http://itamae.co.jp/maguro/

株式会社板前寿司ジャパン
代表取締役 中村 桂

株式会社板前寿司ジャパン
1972年 山梨県生まれ
1996年 専修大学卒業
1996年 テレビ制作会社フォーティーズ入社
2001年 ㈱信玄食品に転職
2007年 ㈱板前寿司ジャパン設立

起業ビジョン(夢)

ITが躍進的に普及する環境を受け入れる一方で、
直接的な他人との繋がりが希薄化しています。
今こそ企業として
社会通念や謙虚な姿勢を共有化し、
「当たり前の事が当たり前に出来る人間作り」が
今後改めて大切だと考えています。

また
中村 桂さんは
マグロの初ぜりの目的も語っています。

日本には豊富な「食材」と長年培ってきた「技術」があり、
世界では高く評価されています。
今こそ、
その食材と技術を世界に積極的に売り込み、
マーケットをグローバル化する事で、
日本はその地位を確立し、
維持することが出来ると考えています。
東京築地市場で行なわれる「初競り」で、
毎年大間のまぐろを最高値で競り落とすことも、
その活動の一端です。



株式会社 久兵衛

代表取締役 
今田 洋輔(本名 洋介)

これからのサービスの質ももっと工夫して、
なおかつ時代の変化を先取りしながら、
基本的には昔ながらのものを大切にして、
あくまでも幹をしっかりしていこうという考えです。

http://www.ginza15.jp/inter_164.html
銀座15番街より引用

大金で落札される
大型マグロは
たった一匹です。

初ぜりで
落札できる人もたった1人です。



2018年1月5日
マグロの初ぜり結果を追記しました。

2018年1月5日、
築地のマグロ専門仲卸大手、
「やま幸」が
今回のセリで最大405キロのマグロを落札
しました。
落札価格は3645万円。

毎年
最大のマグロをセリ落としていた
すしさんまいの社長は
別のマグロを落札。

すしざんまいのマグロ大王こと
木村清社長は

「最高にいいマグロを買うことができた。
今回は、これよりも大きなマグロがあったが、
質を見て選んだ。
最高値ではなく、ちょっと悔しい思いもあるが、
おいしいマグロであることは間違いないので、
ぜひ食べに来てもらいたい」

ということです。

さすがマグロ大王、
「質」にこだわり、
マグロを選びました。

ただ
木村社長の夢
「日本の食文化の素晴らしさを
もっと世界に発信し・・・」という点では

今回、最大マグロを落札した
「やま幸」でも達成させれそうです。



「やま幸」は
卸売りです。
実際にマグロを料理に使うのは
「すし銀座オノデラ」です。

「すし銀座オノデラ」は
銀座、
上海、
ハワイ、
ロサンゼルス、
ニューヨークに店舗をもっています。
世界にひろく
日本料理、マグロを広めるのに
最適な会社です。

https://onodera-group.com/



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

みそしる一押しお願いします。

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP