乳がん の 最新治療 として 光免疫療法 を使うためには 効果のある抗体が鍵.


乳がんの治療として
光免疫療法が使える日も
遠くなさそうです。

乳がん細胞に特異的に結合する抗体さえあれば
あとは光吸収体を結合するだけで
劇的な効果を期待できます。



光免疫療法のこれまで

光免疫療法 photoimmunotherapy (PITとも呼ばれる)。

以下の論文で
ネズミに対する効果を見ています。

「特定の膜分子を標的とする、
がん細胞選択的な in vivo 近赤外光免疫療法」

Nature Medicineに2011年に報告されました。
Nature Medicine 17, 1685–1691 (2011) doi:10.1038/nm.2554

光免疫療法の2段階の効果

光免疫療法のメカニズムは
動画でみるとわかりやすいです。

映像は
アメリカ
国立がんセンターより引用
https://www.cancer.gov/news-events/cancer-currents-blog/2016/photoimmunotherapy-cancer



光免疫療法は、
ガン細胞に特異的に結合する抗体と
光吸収体を使用した
新規の免疫療法の一種です。

まず、
静脈注射した抗体+光吸収体が
ガン細胞にくっつきます。

そして
近赤外光が照射されると、
光吸収体が反応し、
細胞が膨潤、破裂し、ガン細胞が死滅します。

まずは
ここまでを映像で
説明しています。

言語は英語ですが
映像があるので
理解しやすいです。

映像では
ガン細胞が光吸収体により
破壊されたところまでですが、
実は
体内ではガン細胞を除去する
更なるシステムが動き出します。

死滅したガン細胞の断片を
免疫細胞が貪食することで
異物として認識します。

すると
抗体+光吸収体の結合しなかった
ガン細胞も免疫細胞により
異物と認識され、排除されます。

つまり、
光免疫療法は、
2段階でガン細胞を体内から除去する仕組み
です。

さらに
光免疫療法は
手術不能なガン患者さんにも適応可能です。

実際に、
頭頚部ガンの患者さんには
臨床試験が着々と進んでいます。



ほかのガンはどうでしょう?

実はガン細胞といっても
細胞種、
組織により
ガン細胞表面の組成が違っています。

つまり
ガン細胞種ごとの特異抗体
がありさえすれば
あとは
光吸収体を結合して
投与するだけで
同様の効果が期待できます。



乳がんでは以前から
HER2(ハーツ―)とよばれる分子に対する抗体があります。

HER2は細胞表面に存在している受容体です。
HER2に対する抗体を加えることで、
HER2の働きを抑えれば
細胞増殖に影響がでます。

つまり
ガン細胞は増殖できなくなるのです。

実際に
HER2に対する抗体がつくられました。
そしてハーセプチンという商品名で
すでに治療が行われており、
一部の乳がん患者に対して有効性が示されています。

このHER2と光吸収体を結合させた
複合体を静脈注射して光を照射すると
現在の頭頚部ガンと同様の効果が期待できます。



光免疫療法の副作用

HER2がくっつかない
細胞に対しては光(赤外線)はなんの影響もありません。

つまり
光免疫療法の副作用は
限りなく「無し」に等しいのです。



認知症にも光免疫療法がつかえるの?

残念ながら
光免疫療法は
認知症や神経難病には
あまり向かないと思います。

(ご質問くださったYSさんへの答えです。)

たとえば
神経細胞の外に貯まっている
異常分子に対する抗体を使って
光吸収体を結合して
光を照射します。

すると
光吸収体が反応して
異常分子が壊れればいいのですが、
細胞ではないため、
構造が変化する程度かもしれません。



さらに
認知症や神経難病の場合には
異常は(神経)細胞内にあるため、
抗体が細胞内にまで
到達できません。

残念ながら
ガンと同じアプローチでは
認知症や神経難病に対して
あまり効果は期待できません。



そのため、
認知症や神経難病の改善・予防には
遠回りですが、
幸せホルモン、セロトニンの分泌を促す
発酵食品を摂取し、
「まごわやさしい」を意識して
「慢性炎症」を抑えましょう。

4週間程度続ければ
基礎体温が上がってくるはずです。

毎日
朝起きたら
基礎体温を計っておくと
自律神経の活性化程度や
変化・効果が現れるので
楽しいですよ。

今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

みそしる一押しお願いします。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP