紅葉したハート が見頃になります. 弘前城もみじ祭りの どこで ?


弘前城菊と紅葉まつり
が開催されています。

2017年
10月20日(金)から
 11月12日(日まで。

いまからが
ちょうど紅葉の見頃です。




2017年10月28日撮影。
もみじや桜の葉が
だいぶ赤くなってきました。



入場料

弘前城植物園入園料は
大人310円
子供100円です。

植物園と藤田記念庭園、本丸への
共通入園料は
大人510円
子供160円です。

大人とは高校生以上です。
子供とは小学生、中学生です。

植物園にも
本丸にもいかずとも
紅葉は楽しめます。
その場合にはもちろん
無料です。
(^-^)

紅葉している木々のほとんどは
桜の葉です。
弘前城内には約2600本の桜があるといわれています。
以前は5000本といわれていましたが、
誰かが数えたのでしょう。

春には桜の「花」で彩られ
秋には桜の「葉っぱ」で園内が染められます。
一年に二回も楽しめるんですね。
関西にいたころには
桜の葉がここまで紅葉した記憶がありません。
寒暖差が影響しているのかな?
誰か知っていらた教えて下さい。



見どころ

弘前城内の紅葉も
もちろん見どころです。

それに加えて
こんなかくれた見どころスポットもあります。

撮影したのが
早朝だったため、
あまり紅葉の色がはっきりとしません。

昼、夕暮れ時には
もっと光が当たってきれいだと思います。

ハートの場所は
市役所方面からお城に入って
赤い橋をわたります。

二の丸の門をくぐってすぐです。

トイレが左手にありますが、右手の方です。

隠れていますが、
切り株にハートの札が置いてあります。



夜には
紅葉した木々が
ライトアップされます。

赤、黄色、緑、青い光に
木々が照らされて
不思議な雰囲気を醸し出しています。

携帯のカメラで撮影したのですが
いまいちでした。

やっぱり
暗いので、
一眼レフカメラでないと
きれいにとれません。



弘歳の桜まつりも良いですが、
紅葉まつりも
ひっそりと情緒があり、
わたしは大好きです。

紅葉の時期が過ぎれば
真っ白な世界になります。

人間も含めて
自然は常に変化していることを感じます。

There is nothing constant in this world but inconsistency.

この世に「変化しない」ものはない。
という事実だけが変化しない。

(べビブレ流意訳)

ジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift、1667年11月30日 – 1745年10月19日)
イングランド系アイルランド人の作家、
随筆家、詩人、および司祭。
ガリヴァー旅行記を書いた人。

以下のサイトから引用
https://www.brainyquote.com/



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

みそしる一押しお願いします。

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP