認知症 の 最新療法 の記事更新の お知らせ と 学会報告


日本生物物理学会が無事終了しました。

私の専門分野は
神経科学・神経病理ですが、
今回の参加者の多くは
工学、物理、コンピューター計算の
エキスパートの人たちでした。

私がもっとも苦手な分野です。
(>_<) 2人からの質問がありました。 トレハロースがどうやって脳内の効果を発揮するのか? 細胞膜にトレハロースが 影響する可能性とオートファジー誘導の関連は? だいたい想定していた質問でした。 ・ ・ ・

分野が違っても
不思議に思うことは同じなんですね。



新たな分野の人たちの知り合えたことで
また
新たなつながりができました。

その一人の方には
今度、ラボのほうに来ていただいて
講演をしてもらう方向で
話をすすめています。

そしてまた
私も九州にお邪魔することになると思います。

九州にお住いのかたも
たくさんこのサイトにいらっしゃるので、
そのついでにでも
また声をかけてください。

認知症や神経難病のお話しを
いろいろな方向からいたします。

神経難病の情報をしっても
改善しないと意味がないと思っておられる方へ。
信頼できる最新の情報は最善の治療薬。



以下の記事を更新しました。

認知症の新薬の最新情報と厚生労働省 の取り組み. (アデュカヌマブ aducanumab)



脳のゴミを追い出す3つのルート

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。

私たちから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時にこのブログでコツコツと活動をしています。

仲間や同士が集まり、
未知のことが
いろいろ分かってくると思います。

そして
「将来、神経難病は治る病気」になると
感じました。

一歩ずつですが
みんなで進んでいきましょう。
ご応援のほどよろしくお願いします。

みそしる一押しお願いします。

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP