レビー小体病の 治療方針 には セカンドオピニオン を取り入れて!


レビー小体病は
臨床診断が難しい疾患の一つです。
自律神経症状が初期に現れるので、
症状が様々です。

不眠やお腹のハリ。
食欲不振や動悸。
また
うつ様症状も出てくるかもしれません。

そのため、
症状によっては
内科、精神科、心療内科、神経内科にいくことになります。

すこしフラフラとして
歩きづらいと気になる人は
外科に行く人もいるかもしれません。

専門性が進んだ医療分野では
逆に
他分野の正確な診断ができにくくなってきます。

つまり
誤診は常に念頭においておく必要があります。

その対処法として
インターネットの進んだ現在
遠隔医療は誤診のリスクを減らしてくれます。






遠隔医療って何?
NPO法人日本遠隔医療協会より引用

遠隔医療(テレメディスン、telemedicine)で行われること

診察:問診、聴診、視診
診断:バイタル所見、画像、病理、内視鏡、皮膚・眼底所見
遠隔操作:手術
診療支援:診察、手術、内視鏡
看護
処方
コンサルト・セカンドオピニオン
カンファランス

特に
神経系の疾患は
上述したように症状が多彩ですから、
神経内科や脳外科の専門医に診てもらうのが安心です。

レビー小体病に関しては
2017年7月28日に
順天堂大学が
遠隔医療を開始すると発表しました。

詳細は
「順天堂医院がパーキンソン病や認知症により通院困難な患者さんを
対象とした日本初の本格的な遠隔診療サービスを開始」の記事をご覧ください。
http://www.juntendo.ac.jp/news/20170728-02.html

今日の記事はここまで。


次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。

「あなたから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時に
このブログでコツコツと活動をしています。

みそしる一押しお願いします。

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP