パーキンソン病の オフ時間 を少なくしたい. ヨーロッパでは承認された薬剤です.


新しいパーキンソン病の治療薬が
現在、臨床試験の第二相です。

治験の募集中です。
対象は
パーキンソン病の方で
ウェアリングオフを短くしたい方。

すでにヨーロッパでは
昨年、承認されている薬剤です。
日本では小野薬品が販売権をもち、
治験を進めています。






opicaponeは
新しいカテコールメチルトランスフェラーゼ阻害剤
(catechol-O-methyltransferase (COMT) inhibitor)です。

なんや? かてこって?

簡単に言うと
ドーパミンの分解を防ぐのです。

そのため
パーキンソン病の方で
エルドパをはじめとした
薬の効く持続時間がながくなります。



ということは
オフ時間がみじかくなります。

オフ時間とは。
こちらをどうぞ。

実際に
2016年7月5日
ヨーロッパでは
この薬剤opicaponeを
承認しています。

日本では
小野薬品が現在
臨床試験の第2相の
治験を行なっており、
試験の募集中です。
適応基準として以下があります。

1. 同意文書及び説明文書の内容を理解し,自分の意思で署名できる
2. パーキンソン病診断基準で特発性パーキンソン病と診断されている
3. レボドパ/DCI配合剤を服用している

年齢は30歳以上で83歳以下です。


ヨーロッパの第三相試験では
30カ国
900名以上の患者に対する
臨床試験を行いました。

Opicapone を一日一回の服用で
オフ時間が
有意に約1時間ほど短くなりました。

(プラセボに対して)


リスボン大学神経薬理学教授の Joaquim Ferreira 医師は、
「過去 10 年間でパーキンソン病の新たな治療の選択肢は
ほとんど開発されていません。
Opicapone はかなり有効です」

ロンドンの国立神経
神経外科病院の
Andrew Lees 医師は、
「Opicapone は、1 日 1 回で
既存の COMT 阻害剤と同等もしくはそれ以上です」
ということです。

上述はいずれも
ONGENTYS(一般名:opicapone)を製造した
BIAL会社の報告書より。


BIAL製薬会社のホームページは以下。

BIAL社は、ポルトガルの製薬企業です。

お国柄なのか
会社のホームページに
パーキンソン病の方が
登場して
ギターを弾いたり
ダンスをしたり、
しています。

リンク先から動画が自動で再生されます。

会社自体は
だたっぴろい原っぱ
みたいな場所にあるんですね。

Google mapより

かなり
パーキンソン病の治療に
気合を入れている会社という印象です。
すばらしい。

治験への参加や
ONGENTYS(一般名:opicapone)の服用は
主治医の先生と相談のうえ進めて下さい。

今日の記事はここまで。

次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。

「あなたから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時に
このブログでコツコツと活動をしています。

情報を必要としている方に
あなたから
伝えてあげて下さい。

みそしる一押しありがとうございます。

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP