小字症 [字が小さくなる病気] には パーキンソン病 や レビー小体型認知症 が関係する可能性あり.


パーキンソン病や
レビー小体型認知症の患者さんで
震戦が見られる方では
約63%の方で
震え(震戦)により、
字が書きにくい症状がでてきます。

「小字症」です。

小字症だと
ますます
字を書くことが億劫になります。

そして

年賀状や手紙を
書くこともなくなり
交友関係もだんだんとせまくなる。

悪い方へと循環します。

そこで
開発されたのが、
震えていても描けるペン
アークペン(ARK pen)です。

2015年4月25日
約2年前に
アークペンの記事を書きました。
その後、
動きがあったため今回記事にしました。
しかし意外な結末が・・・。



ペンには
小型のモータが
内蔵されています。

高周波の振動が
筋肉を刺激し
手が震えていても
書きやすいように
筋肉をほぐしてくれるのです。






患者さんがペンを使い込めば
その分、
その人の震えのパターンを認識して
より一層、
書きやすくなるのです。

すごいアイデアですね。



イギリスの大学で開発されました。
BBCなどでも取り上げられました。

動画中のパーキンソン病の
女性エレン(Ellen)おばさんは
字をはっきりと
大きく、
書けるようになったと
言っています。
うれしそうです。
以下に動画リンクあり。



2017年5月11日に確認したところ
サイトが変更されていました。

ARCペンの動画をご覧ください。

以下からアクセス可能です。

新しいサイトはこちらです。

ただ
すでに2年もたってますが、
いまだに販売されていません。

そこで
いろいろ探した結果、



代わりに
別の会社が
アークペンを
ついに発売しました。

しかし、
しかし、予想外の出来事が発生。

なんと
このアークペンは子供用です。

(゜o゜)  びっくり!

アメリカにある
アーク治療会社
(ARK Therapeutic会社)です。






パーキンソン病の人がつかうと
どうなるんやろ?

確かにその通り。
これは
問い合わせをするしかない。

以下、
メール内容。

以前パーキンソン病のための
アークペンを見たことがあります。
ドーパソリューションという会社が開発しており
いつ発売するのか楽しにしていました。

今日、驚いたことに
たまたま
あなたの会社で
アークペンを見つけました。
ただ、子供用でした。
いくつか質問があります。

1 パーキンソン病の方でも使えますか?
2 その場合には、アークペンで書くと
書き心地は良くなりますか?
3 あなたの会社と以前のイギリスのドーパソリューションとは
なにか関係があるのですか?
敬具

I saw an Ark pen for patients with Parkinsons disease before.
Dopasolusion was supposed to develop it.
I had been wondering when an Ark pen will be available to us.

Today, I happened to see an Ark pen in your site.
but this pen is for KidS?

Do you have any information in the follows.
1 Can PD patients use this pen?
2 If so, for patients, is it better writing with an Ark Pen than without.
3 your company has any relationship with Dopasolusion in UK?
Sincerely,
thank you in advance.



もしこのペンが使えるようだと

手が震えるために
億劫になっていた「物書き」が
ARCペンだと
できるようになります。

クリスマスカード、
年賀状、
手紙、
ちょっとしたメモなど
物書きが楽しくなります。

実際に、
エレン(Ellen)おばあさんのようにね。

手紙を通して
誰かとつながれば
幸せも感じます。(^o^)

すると
認知症の予防にもなるのです。

はやく返事来ないかあー。


一日待つ。・







返事が来ました。
2017年5月12日

以下
返信内容

メールをありがとう。
私も以前あなたの言ってるペンを
見たことあるわ。
きっと
私たちの製品をみたんだと思うわ。
(おんなじ名前だし、へんよねえ。)

でも
私たちとイギリスの彼らとは
何の関係もありません。

私たちのアークペンは子供も大人も対象です。
年齢は関係なし!
書くのに苦労している人たちにも役立つはず。
以前に特別に一人だけ
パーキンソン病の方に
使ってもらったんだけど、
彼女はあんまり助けに
ならないと思うって。

たった一人だけど、
私たちのアークペンは
あんまりパーキンソン病の人向けじゃないって
ことかもね。
また何か質問あったらいつでもどうぞ。
レベッカ・ロースキー
アーク治療会社
ARK Therapeutic会社

私は
工学的なことは
さっぱりわかりません。

パーキンソン病や
手の震えの人でも
かけるペンが
販売されるのを
待つしかありません。

期待している方
もうしばらくお待ちください。

随時情報を更新します。
記事ここまでです。

認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。

「あなたから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時に
このブログでコツコツと活動をしています。

一歩ずつですが
進んでいきますので、
ご応援のほどよろしくお願いします。

みそしる一押しお願いします。

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP