エマニュエル・マクロンの父親は パーキンソン病 の治療にも応用されている DBS に詳しい神経学者.


エマニュエル・ジャン=
ミシェル・フレデリック・マクロン
(Emmanuel Jean-Michel Frédéric Macron)
以下
(マクロンさん)が
第25代フランス共和国大統領に
就任しそうです。
(2017年5月8日9時時点)

彼の父親は
パーキンソン病などで使われている
ある技術のエキスパートです。

順にみていきましょう。



脳の画像はwikimediaからの引用です。
マクロンさんは
現在39歳(1977年12月21日生まれ)。

マクロンさんは
12歳の時にローマカトリックで
キリスト教の洗礼を受けています。


彼の奥さん、ブリジット・マクロン
(Brigitte Marie-Claude Macron)もカトリック教徒です。

現在、彼女は高校の先生
キリスト教の伝統ある高校(パリ)で
文学を教えています。

高校の外観

24歳年上の奥さん
ブリジット・マクロンさんが
話題になっていますが、
ここでは
彼のお父さんに焦点を当てます。



マクロンさんの父親
ジャン=ミシェル・マクロン
(Jean-Michel Macron)は
ピカルディー大学(University of Picardy)の教授です。

猫を使った睡眠の研究や
脳波のエキスパートです。
少し古いですが
2010年の論文の表紙です。

赤丸がマクロンさんの父親
ジャン=ミシェル・マクロンです。

猫の脳波って、えらいマニアックな人やなー

ところがどっこい
脳波って私も良くわかないけど
奥が深い。

猫や動物に限ったことではなく
ヒトにも応用可能です。

Acta Neurochir (2010) 152:689–697
のFigure1aより引用

たとえば
震え・震戦や睡眠障害などと
関係してきます。


実際に
現在、
パーキンソン病の治療にも応用されている
DBSは脳の中の
「ある部位」を
弱い電気で刺激すると
「震え」が
いとも簡単にストップします。

驚きです。
(記事下に映像リンク先あり)







深部脳刺激療法(Deep Brain Stimulation:DBS)
進行期のパーキンソン病や、
本態性振戦、
ジストニアなどの不随意運動症に対する脳外科治療として、
以前は脳の特定の部分を破壊する治療が行われていました。
最近、これに代わる治療法として
深部脳刺激療法(Deep Brain Stimulation:DBS)が
脚光を浴びています。
従来の方法に比べて
手術に伴う副作用が少なく、
両側に行うことができ、
刺激の調節が可能という利点があります。

名古屋市立大学医学部脳神経外科より引用

薬剤の効かなくなった方や
十分な薬物治療を行っても
日内変動(ウェアリング・オフやオン・オフ現象)や
ジスキネジアがコントロールできない方に
実際に使われている技術です。

映像の始まりから
4分ぐらいから6分ぐらい
見ていただければ
脳深部刺激治療の効果が
わかると思います。




もしくはこちら
TED

みそしる一押しお願いします。

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP