認知症は 慢性炎症 によって引き起こされる. 気づかぬうちに LPS量 が血液中で増えて生活習慣病へ.


「慢性炎症」が認知症を引き起こす。

「炎症」とは
熱、口内炎や化膿した時にみられます。

炎症が慢性的に起こると
認知症を引き起こす。
さらに驚くことに
慢性的な炎症を抑えると
認知症の治療や予防にもなるというのです。


順にみていきましょう。

炎症には
「急性」と「慢性」があります。

「急性」炎症は
痛い
ヒリヒリする、
熱は上がる

とかなり気になります。
通常の炎症とは
この急性のことです。

一方、
「慢性」炎症は
気づかぬうちに
じわりじわりと
体を蝕んでいます。
これまで
あまり慢性炎症という言葉自体が
ありませんでした。

最新の研究が
慢性炎症と認知症の関係に
焦点をあて始めました。







英語では炎症は
inflammation です。
In-[Flame]-ationから
炎が燃え盛っている様子が
語源だと伺えます。

最新の研究では
これまで気づかなかった
慢性炎症と認知症の関係に
関する重大な証拠が
ゴロゴロと出てきました。

この新事実を生かせば
現在の医療技術では治せない
アルツハイマー病を治療し、
さらに予防できる可能性があります。




慢性炎症の指標は何でしょう?

炎症を引き起こす物質の一つは
リポポリサッカライド
または
リポポリサッカリド
英語ではlipopolysaccharide
略してLPSです。

LPSとは難しい言い方をすると
グラム陰性菌の細胞壁外膜を
構成する成分の一つです。

簡単にいうと
LPSは
ばい菌の体の一部です。
脂と糖質からできています。

このLPSの血漿中の濃度を
アメリカ・カリフォルニア大学の
グループが計測しました。


驚いたことに

認知症の方の血漿中には
健常人より3倍ものLPSがあったのです。

具体的には
健常者18人のLPS濃度の
平均値は21 ± 6 pg/mでした。
一方、
アルツハイマー病の方18人の
平均値は61 ± 42 pg/mlでした。

つまり
アルツハイマー病の方では
約3倍もLPSの値が高いのです。



ちなみに
グラフ中「sALS」とは
孤発性の筋萎縮性側索硬化症です。

筋萎縮性側索硬化症は
ルーゲーリック病とも言います。

筋萎縮性側索硬化症の患者さん23人の
LPS濃度の平均値は43 ± 18 pg/mlでした。

健常人の約2倍です。

このデータは
以下の論文からの引用です。
Circulating endotoxin and systemic immune activation
in sporadic Amyotrophic Lateral Sclerosis (sALS)
J Neuroimmunol. 2009 Jan 3; 206(1-2): 121–124.から引用

LPSが多いのはわかったけど、
それって アルツハイマー病 だからじゃないの?

(ながくなったので続きます。)

この事実を紹介していた本は
「腸の力」であなたは変わるです。

著者はデイヴィッド・パールマター
David Perlmutter, MD
フロリダ在住の神経科医です。

彼の前作は
「いつものパン」があなたを殺す
という本です。
これまで20か国で翻訳され
ベストセラーになっている本です。
(ちなみに英語のタイトルは
Grain Brainです。)

おすすめの本に載せました。
今日の記事はここまで。

みそしる一押しお願いします。

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP