レビー小体型認知症かもと思ったら [5つのチェック項目] をテスト


日本には認知症と診断されている方が462万人、
さらに認知症予備軍が約400万人と報告されています
(平成26年度厚生労働省報告)。

認知症を引き起こす病態として
以前は「脳血管性障害」が多かったのですが、
最近は、アルツハイマー病や
レビー小体型認知症など
「神経変性疾患」による認知症が急増しています。

アルツハイマー病は比較的
良く知られている疾患であるのに対して
レビー小体型認知症
比較的新しい疾患のために
いまだに病名さえしらない
医療従事者も多いのが現状です。

レビー小体型認知症かもと思ったら・・・

5つのチェックポイントを意識してみましょう。






視覚

パレイドリア(錯視)とは
猫の額に
なにかの顔が見えてしまうと言った現象です。

少し違った視覚異常として
幻視があります。

幻視とは
「仏壇の上に猫が乗っている。」
(本当は何もいない)

「天井に蟻が無数にいて困る。」
(本当は一匹もいない)
といった現象です。

レビー小体型認知症では
錯視も幻視も現れます。



嗅覚

嗅覚が鈍くなってきた・・・

最も多い原因は風邪です。
次いで鼻粘膜の障害です。

鼻粘膜の細胞は
数日から数週間で新しいものと入れ替わります。
少し様子を見ましょう。

ただ風邪を原因とするわけでもなく
嗅覚不全・鈍化がある場合には要注意です。

上の画像は
レビー小体型認知症の患者さんの嗅球です。
(嗅球は眼球のやや上に位置しています。)
嗅球とは匂いの中枢です。

異常なタンパク質(シヌクレイン)が
たくさんたまってきます。
(茶色い色)

健常人では
茶色い色は出てきません。

この現象は
特に
パーキンソン病やレビー小体型認知症、
多系統萎縮症の方にあらわれます。

嗅球での
異常なシヌクレインの蓄積が
嗅覚を鈍くしているのです。

また
最近の研究では
認知症などの症状が出現する
数年前から
シヌクレインの蓄積は
はじまっていることがわかっています。



睡眠

「昨夜、横で寝ている旦那に急に叩かれたのよ。」
(>_<) という場合 「レム睡眠行動障害」かもしれません。 本来、 脱力しているはずの筋肉が 緊張しており、 自律神経系の障害が疑われます。 ただ、睡眠異常は寝ている本人は まったくわからないために パートナーからの指摘がないと 判断しにくいポイントです。 ・ ・ ・

排便

レビー小体型認知症の場合には、
神経の末梢に異常が早くから出ています。

そのために、
便秘や消化不良、発汗障害などの
症状が出てきます。

先ほどのシヌクレインは
脳内の神経細胞に多く
たまってくると言われています。

しかし実は
末梢にもたまっているのです。

むしろ末梢の方が
早期からたまり始めます。

これまで末梢神経は
あまり観察されていないだけです。

自律神経の末端に
より早期から
シヌクレインがたまり
自律神経の機能不全が起こります。
つまり
便秘や消化不良、発汗障害などです。



うつ

パーキンソン病や
レビー小体型認知症では
脳の中脳という場所の神経細胞が
徐々に死んでいき、
なくなっていきます。

これら神経細胞はドーパミンを作っているので
だんだんとドーパミンが欠乏し
症状がではじめます。

つまり
「不幸感」「不安」「無気力」などです。

うつ様症状ともいえます。

また
注意力や集中力が失われ
注意欠陥性障害があらわれることもあります。

さらに
典型的な
パーキンソン病症状である震えがあらわれます。



受診先のポイント

5つのうちの複数に
これまでとは違う
「異常」が現れていれば
レビー小体型認知症の可能性があります。

近くの内科もしくは
神経内科を受診しましょう。

できれば神経系の専門医の方が
より適切に診断してくれます。

近年、医療情報が多すぎるために
また
医療技術が日進月歩で進んでいるために
専門外の疾患は見落とされる可能性があります。

実際に
ロビン・ウィリアムズ
(Robin Williams, 1951年7月21日 – 2014年8月11日)のように
うつ病と診断されていて
死後の病理確定診断で
レビー小体型認知症だったということは
稀ではありません。



臨床症状からは
専門医でさえ
レビー小体型認知症を
見過ごす可能性があることを念頭に!

すこしでも早期に診断し、
治療(薬剤だけでなく日常からも気を付ける)を行いましょう。

数年後の症状に大きく影響します。


今日の記事はここまで。

みそしる一押しお願いします。

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP