パーキンソン病の新たな薬はウェアリングオフやジスキネジアのでる方に適応です


2017年4月9日追記あり

2017年3月28日追記有り
パーキンソン病の症状を軽減する
現在の治療方法は
「レボドパ (levodopa)・L-dopa」の服用です。

その問題点

問題はレボドパを服用してから
5年後には約30%の方、
7年後には約50%の方に
ウェアリング・オフ(Wearing off)が
出現するとされています。

ウェアリングオフとは
レボドパを服用しても
症状が軽減しなくなることです。

ではレボドパの量を増やすと・・・

すると
今度はレボドパが効き過ぎ
ジスキネジア(dyskinesia)が
現れることがあります。

ジスキネジアとは
意志とは無関係に(不随意に)
体がうごいてしまう現象です。

パーキンソン病の進行とともに
「ウェアリング・オフ」
「ジスキネジア」
の頻度が増えてきます。

そのため、
パーキンソン病の症状が現れたら
少しずつ薬の量を使っていく。

もしくは

作用の少し違う薬を
混合して服用し
「ウェアリング・オフ」
「ジスキネジア」
を起こさないように
治療を進めていきます。





新薬の開発と承認

safinamide、サフィンアミドは
新たなパーキンソン病治療薬(補助療法)になりそうです。

パーキンソン病の患者の補助療法として
safinamideサフィンアミドを使用すると
薬効時間の有意な延長(オン時間)
と運動機能の改善が
海外の臨床研究で確認されています。

実際に
2015年2月に欧州委員会では
この薬剤が承認され、ドイツで販売されています。
また、
米国では2015年3月より承認申請中でした。

そして無事
2017年3月21日に
アメリカの食品医薬品局(FDA)は
このパーキンソン病治療薬
(国際一般名:safinamide、
サフィンアミド、製品名「Xadago、ザダゴ」)を承認しました。

日本での進行状況・販売

日本では2012年1月より
意外な会社が臨床試験を進めています。



明治製菓です。

お菓子やん。

でも
調べてみると
主力事業は
乳製品・バター類の製造・販売なのですが、
医薬品も扱っているんですね。

明治ホールディングス (カッコ内は社数)
食品製造(156)
乳製品・バター類(15) ※主力事業
製菓(26)
バイオ・医薬品関連(187)
医療用医薬品(52)

会社情報は
日本経済新聞より引用

現在、臨床試験のフェーズ2・3相です。
2018年には結果が報告され、
厚生労働省に申請するらしいです。

現在の開発状況です。

開発番号 ME2125(国際一般名:safinamide)
経口 未承認 パーキンソン病治療薬 第II/III相

ほかにもいろいろな薬剤を扱っているので
驚きました。

明治ホールディングス
Meiji Seika ファルマ株式会社より引用

safinamide、サフィンアミドの開発元

この薬剤はもともと
Newron Pharmaceuticals社
により開発されました。

ニューロン・ファーマシューティカルズは
イタリア・ミラノに本社をおく会社です。

薬効のメカニズム

safinamide、サフィンアミドは
ドパミンの分解を阻害するとともに
ナトリウムイオンチャネル阻害作用や
グルタミン酸放出抑制作用を有します。

つまり
ドパミン作動性作用と
非ドパミン作動性作用を併せもつ
新たなパーキンソン病治療薬なのです。

まとめとして

safinamide、サフィンアミドは
パーキンソン病症状のコントロールに
かなり期待できるため、
日本国内でも早く承認されることを願います。

現在の主治医にサフィンアミドの取り扱いを
お願いする方法もあります。
その際は保険適用外になることを
ご留意ください。

主治医に断られた場合には
セカンドオピニオンを求めましょう。
(別の先生の意見)

もしくは
先ほどの明治製菓のページより
現在のサフィンアミドの治験に
参加可能か尋ねてみてください。

私はメールで問い合わせをしているので
返信がきたらここにアップします。

問い合わせをしたところ
現在(2017年3月28日)も治験の参加者を
募集しているとのことでした。
興味のある方は主治医にご相談ください。

2017年4月5日に
アリセプトなどの認知症治療のリーディングカンパニーであるエーザイが動きました。
以下、エーザイのお知らせから引用

エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)とMeiji Seikaファルマ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:小林大吉郎、以下 Meiji)は、Meijiが日本で臨床開発中のパーキンソン病治療剤safinamide(開発番号:ME2125)について、日本とアジアにおける商業化に関するライセンス契約を締結したことを、お知らせします。

もう少し見たい方はリンク先へどうぞ。
さすがエーザイ!
認知症やパーキンソン病に気合が入っています。
これで日本の臨床試験終了後
スムーズに患者さんに
提供できる準備が整ったということでしょう。

今日の記事はここまで。

みそしる一押しお願いします。

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP