マイケルjフォックス 2017年で56歳ですが 第89回アカデミー賞授賞式で笑顔でした. [動画有]


30歳代でパーキンソン病を
発症したマイケルjフォックスですが、
2017年2月27日、
第89回アカデミー賞の発表と授賞式(アメリカ・ロサンゼルス)に
登場しました。

とても元気そうです。
動画はこちらです。

マイケルjフォックス(Michael J. Fox)
1961年6月9日 生まれなので、すでに55歳です。

妻は女優のトレイシー・ポラン、
子供は4人(1男3女)おり、
長男のサム、
双子の娘スカイラー・フランシス、
アクイナ・キャスリーン、
三女のエズメ・アナベラ。
みんな健康です。

マイケルはパーキンソン病の治療法が見つかるようにと
マイケル・J・フォックス財団(The Michael J. Fox Foundation)
をたちあげ、
病態の解明に莫大な資金提供をしています。



私もパーキンソン病やその関連疾患である
レビー小体型認知症を日々研究しています。

一日でも早く病態をストップできる
もしくは
改善できる治療法を模索中です。

キーワードは「オートファジーの活性化」です。

日々の生活のなかで
特に食事を意識すると
パーキンソン病の進行も防ぐことができると思います。

逆に適当な食品を摂取していると
パーキンソン病の進行を早めることもあります。

特に
酸化した油は良くない!
身体を構成している細胞レベルで
酸化した油は
オートファジーの流れをとめてしまします。

つまり
神経細胞の代謝を悪くするため、
異常なシヌクレインというタンパク質をためやすくなります。
ますます症状が進行してしまいます。

右側の濃い茶色い部分に
シヌクレインの異常タンパク質の蓄積があります。

左側には認められません。

一方、
オメガ3系の不飽和脂肪酸は
神経細胞を含む細胞の膜構成分子として
大切な役割を果たしています。

新鮮な不飽和脂肪酸を摂取して
常に身体や細胞レベルで
新陳代謝をスムーズに流しましょう。

おすすめは無農薬・国産・経済的なエゴマ油です。

亜麻仁油もいいのですが、
無農薬・国産・経済的となると
なかなかありません。

研究は暗中模索ですが
一歩一歩進展しています。

記事ここまで)

次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。
「あなたから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時にこのブログでコツコツと活動をしています。
みそしる押してください。

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP