スーパームーンの引力はハンパない! 冷え症の人は自律神経や足腰の冷えに注意


スーパームーンとは、
月が最も地球に近づいたときに満月になる現象です。
今年は2016年11月14日です。
月の暦を見ると、夜の22時52分頃最大になります。
月の暦リンク先
特に今年のスーパームーンは、
68年ぶりに地球に最接近するウルトラスーパームーンなのです。

moon

通常は地球と月の距離は約38万キロメーター。
それが約30万キロメーターにまで近づいてくるのです。

書いている本人だけど、
宇宙の単位は大きすぎてよくわかりません。
(-_-;)

月の大きさで言うと約1.4倍に、
月の明るさは通常より30パーセント
輝いて明るく見えるそうです。

その分
月の引力も半端ではありません。
ちょうど今この記事を書いている
2016年10月31日は、新月です。

海(潮)の満ち引きのサイト(気象庁)を見ると、

満潮の高さが173センチメーターです。
一方、
11月14日のウルトラスーパームーンの日には
満潮の高さが184センチメーターに達します。

see-level

これだけ引力が強くなると
人間を含む地球上の生物にも影響しないわけがありません。

特に自律神経系や血流などには
意識するしないにかかわらず、
影響が出ているはずです。

植物や樹木等では、
満月になると樹液が上のほうに上がっていくと
以前うかがった福井の農家の方に教えてもらいました。

tree-yellow-red

かぶと虫なども樹木の上の方に移動するとのことでした。

人の体でも
やはり液体が上のほうへと引っ張られる。
つまり
頭のほうに血液が上がっていく傾向があると思います。
代わりに足腰、特に下半身には血流がいきにくくなります。
普段から冷え症の人は
特に身体が敏感に感じ取るかもしれません。

自律神経の調子が思わしくない方は
少食にすることをお勧めします。

こちらがリンク先です。
月の満ち欠けを意識して、食事を摂ると効率的

ここからは
わたしの想像ですが、
以前から満月の日には
大事件などが起こりやすいと統計上いわれています。
真偽のほどをしらべたのですが、よくわかりませんでした。
でも
頭に血が上って、かっとなって、、、という可能性は否定できません。

生き物だけではありません。
地球の内部はマグマの液体で満たされています。
今日、新月の日
イタリアでマグニチュード6.6の地震が発生しました。

italy-earthquake

月の引力の影響で地球も影響を受けているので
スーパームーンに近づくにつれて
また地震が増えてくるかもしれません。
防災意識をもち、備えあれば憂いなし。


よかったら
みそしる押してください。

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP