突然嘔吐して倒れたら脳内出血の可能性あり


2017年8月21日この記事は更新されました。
「突然、バタッと嘔吐して倒れた。」
可能性として
「脳内出血」が一番に挙げられます。

脳内出血とはどんな
病態なのでしょうか?

脳の中のどこから出血するのでしょうか?
好発部位

脳の血管がやぶれる原因で多いのは何でしょうか?
原因
順にみていきます。





病態

脳内出血とは
脳の中の血管が
ブチっと破れることです。
指の血管が破れた程度なら
小さい出血、切り傷です。

しかし
脳の場合には
即、命にかかわります。

もしその場に居合わせたら

速攻で救急車!

脳は
通常、
外傷などの振動に
耐えられるように
脳脊髄液にみたされ
浮いています。

脳内出血した際には
このことが仇になります。

つまり
出血が
なかなか止まらないのです。
脳は硬い骨で固定されていることから
出血が他の部位を圧迫します(頭蓋内圧亢進)。



また
血管から栄養をもらっていた
神経細胞などが
栄養・酸素不足に陥ります。

約100秒が
後遺症を残すか、残さないかの境界です。

100秒以上たつと
神経細胞はどんどんと死滅していき
最終的には
助かっても
脳死状態、
つまり
個体としては「死」です。



好発部位

脳の血管が破裂する場所には
好発部位があります。

脳へは
大きな血管が
全身から4つ届いています。

そして脳の底で
輪っかを作ります。

輪っかになっていれば
一部の血管が
つまっても
脳への供給途絶える
可能性が低くなるでしょ。

輪っかとは
ピンクの四角で囲った部分です。
ウィリス動脈輪といいます。

IMG_0598 artery blog 20160425-4

赤い前、後は
それぞれ
前交通動脈
後交通動脈といい
脳動脈がバンといきやすい個所になります。

あと一つは
中大脳動脈でバンと
血管が行きやすいです。

黒い字で
前、中、後
となっています。

それぞれ
前大脳動脈
中大脳動脈
後大脳動脈。



原因

血管が破裂する原因としては
大きく3つあります。

もろさ

古びたゴムホースだと
簡単にポキッと折れちゃうでしょ。

食による
油の摂りすぎ、
(酸化脂質)
軽い炎症などがあると
血管の柔軟性が失われて
もろくなってきます。

50代以降のケースが多いです。

血圧

高血圧は
血管内の圧力が高くなるから
血管が薄くなっている箇所などは
圧力がかかり
バンと破裂する可能性
があります。

奇形

生まれつきの血管の奇形
原因となることもあります。
この場合には
30代、40代
と比較的早くに
脳内出血を起こします。
脳内出血の場合には
助かっても
後遺症が残ることがほとんどです。



身体の不随(動かせない)
話せない。
「認知症」も頻度の高い
後遺症の一つです。

タレントの前田健さんが
新宿の路上で倒れているところを
発見されました。

無事であることを祈るだけです。
ご冥福をお祈りいたします。

(今日の記事はここまでです。)

みんなで一緒に赤ちゃんのような
柔軟な頭・体を取り戻しましょう。

コメント・アドバイス・リンクシェアーなどはこちらへどうぞ。


よかったら
みそしる押してください。

いつもありがとうございます。

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP