腎臓ガンとダヴィンチ

Pocket

藤崎マーケット・田崎佑一が
腎臓ガンで手術を受けました。

私の母親も
2016年に腎臓がんが見つかりました。
しかし
ダビンチによる手術で
きれいに摘出できました。

比較的
腎臓ガンは
外科摘出が予後も良く、
しかも
昨年から
ダビンチが保険適応されています。



2カ月ほど前に
お腹のハリが続くので
検査を受けました。
すると
CT検査で
腎臓に腫瘍が見つかりました。

腎臓がんの場合には
無症状のことが多く
血尿や発熱などの症状が

現れた時には
すでに

腎臓ガンが進行して
肺などに

転移していることが多いそうです。

そういう意味では
不幸中の幸いです。

昨日、
いろいろと

説明を受けてきました。

要点をまとめると5つです。

  1. ダビンチ(ダヴィンチ)という
    機械で手術を行うこと。
  2. 手術時間は
    麻酔から終わりまでに
    5時間半かかること。
  3. 腎静脈に寄り添う形で
    腫瘍(悪性、4センチ程度)があるので
    丁寧に血管との癒着を外す必要があること。
  4. ダビンチ(ダヴィンチ)は
    開腹手術よりも
    侵襲性は少ないが
    リスクはゼロではないこと。
  5. リスクとしては
    血管の損傷
    消化器官の損傷
    肝臓の損傷あり。

 

 

特に
腎臓は
十二指腸を
ずらして
手術をするために
損傷しやすいこと。

また
十二指腸には
様々な消化酵素が
あるために
損傷すると
まわりの臓器に
ダメージを与える

可能性があります。

周りの臓器を
溶かし始めるのです。

幸い
当院では
これまでに
約50例の経験があるのですが、

失敗は
一度もないとのことでした。

祈るしかありません。

うまくいきますように!

IMG_0493 blog surgery kyoto Univ 20160408

(今日の記事はここまでです。)

コメント・アドバイス・リンクシェアーなどはこちらへどうぞ。


よかったら
みそしる押してください。

いつもありがとうございます。

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP