一年の経済状況が決まる日です。科研費


今日は4月1日。

職場に
新しく
入ってきた人たちは
少し緊張している感じ。

ピリッとした
雰囲気が
伝わってきます。

blog suits new worker 20160401

研究面でも
今日はピリッとした日です。

なぜなら
国からの研究費
(科学研究助成金、略して科研費)を
もらえるか否かの採択発表の日なのです。

この採択発表は
研究者にとって
かなりドキドキです。


どこの大学も
経済的に厳しい。

特に
国公立大は
これまで
国からの運営交付金で
のほほーん
としていたのですが、
年1%のペースで運営交付金が
減らされてます。

つまり
大学規模にもよるけど
数十億円づつ
大学へ配分するお金が減っているのです。

国は
「その分を自分たち(大学)で
何とかしてね!」
という方向です。

どこの国公立大学も
ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ
「おいおい。どうするんだ!」
てな感じで
経済状況は厳しい。

そこで
個人が
獲得できる研究費は
なんとしてでも
確保したいわけです。
そして
その一部を
大学がもらうのです。

科研費の採択率は約20%。

分野に関わらず
100人の研究者のうち
20人程度が採択されるように調整されてます。

幸い
わたしが研究できるのも
科研費をもらっているからなのですが、
今回、
研究室のボスの採択発表があるのです。

採択状況によって
研究室のうるおい具合が
かなり変ってきます。

何とか採択してー
m(゚- ゚ )カミサマ!
こんな時だけ
カミダノミ・・・

明日
採択結果を
ご報告できると思います。

認知症研究を
進めるためにも
みんな一緒に祈っててね。
(^-^)

(今日の記事はここまでです。)

みんなで一緒に赤ちゃんのような
柔軟な頭・体を取り戻しましょう。

コメント・アドバイス・リンクシェアーなどはこちらへどうぞ。


よかったら
みそしる押してください。


いつもありがとうございます。

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP