幸せ物質セロトニン


これまで神経伝達物質の一つ
ドーパミンについて書いてきました。

脳内の神経伝達物質は
ドーパミン以外にも
たくさんあり、その数、数百種類にもなります。
以前の記事に出てきた
愛情ホルモン「オキシトシン」も
神経伝達物質の一つです。

コカインによって
ドーパミンは脳内に
広く溢れ出すのですが、
もう一つ大切な幸せ物質と呼ばれる
神経伝達物質「セロトニン」にも
影響をおよぼします。

その結果
「多幸感」があらわれるのでしょう。

「セロトニン」
プロザックという薬で
この幸せ物質セロトニンが
分泌強化されます。

その結果、
気分が晴れ晴れし、楽天的になります。

またセロトニンは
睡眠、血圧調節、食欲などにも
影響します。

ということは

このセロトニンが欠乏すると、
以上のような様々な
日常の行動が
おかしくなってくるわけです。

不眠
不安
食欲不振
など

心当たりはありませんか?

では
薬ではなく
日々の行動から
セロトニンを
本来のリズムにもどしましょう!

どうやって?
cropped-CIMG30972Bsola-thumbnail2.jpg

楽天

(長くなったので続きます)

(今日の記事はここまでです。)

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
PAGE TOP