現状

チェックポイント阻害薬とは?新たなガンへの薬は効果が絶大です。厚生省がスピード認可するのも分かる。


癌の研究分野には
これまで
数百兆円以上のお金が注がれているでしょう。

その成果もあり、
ようやく昨年、
アメリカの癌患者さん数が
減少に転じました。

cge1pv_yeso-jeremy-ricketts.jpg

これまで
癌に対しては
3つの方法
外科的手術、
放射線、
抗がん剤
が選ばれていました。

免疫療法が
注目されてきたのは
40年ほど前からです。
丸山ワクチンに代表されるように
「効果がある人には
ものすごく
効くが
そうでない人には
効かない。」
という印象です。

その後、
免疫療法にも
技術的進歩が見られ、
今日では
4つ目のがん治療法と
言われています。

私の父親も
胃がんでなくなりました。
胃がんと診断されて
手術で胃を3分の2摘出しました。

術後は
TS1などの抗がん剤を
服用していました。

結果的に、
胃がんと診断されて
8年間ほどは
普通に生活していました。

抗がん剤は
効かなくなれば、
作用の違う
種類のものに変え、

最後は
タキソール系の
薬を使っていました。

しかし
副作用が強く
本人の意思で
中止しました。

その後、
選択したのが、
「樹状細胞免疫療法」でした。
結論から言うと
「効いたかどうかはわからない。」
印象としては
「副作用がほとんどないという点からは
がん治療の最初の選択しにしてもよい」
です。

ただ
技術的には
まだまだ確立されておらず、
もっともっと
がんに対する特異性を高める必要ありです。

私の専門は
神経変性、
認知症ですから

しばらく、
がん治療の分野からは
遠ざかっていました。

今日
初めて
「チェックポイント阻害薬」
のことを知りました。

ながくなったので
また明日。

関連記事

  1. 経験

    トリプルネガティブ乳がんの治療に免疫療法を選択できる日も近い 臨床試験開始のお知らせ

    免疫療法は乳ガン細胞には、効かないだろうとこれまでは思われ…

  2. 原因

    認知症の方の脳と萎縮 特に前頭葉、クルミみたいに変形します。

    今週は授業テーマは「認知症の脳内でなにが起こっているか?」…

  3. 健康

    風邪のときは少食 オートファジーを活性化させ細胞の生命力をよびおこしましょう

    食欲がないときには身体が「栄養」よりも自浄(身体の掃除)を…

  4. 情報

    目隠しされてお母さんがわかるの?

    6人のお母さんが並んでいます。目隠しをした子供はお母さんを当てられる…

  5. 原因

    認知症は予防できる?恋愛との関係は?

    アポEは脂質の代謝に関わっています。昨日の記事の白色のグル…

  6. 情報

    スーパームーンの引力はハンパない! 冷え症の人は自律神経や足腰の冷えに注意

    スーパームーンとは、月が最も地球に近づいたときに満月になる現象です…

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

天然糖質を生かして脳の活性化を!

PAGE TOP