コーヒーの香り

Pocket

朝、
コーヒーおいしいですよね。
いい香りで、
幸せな気分になりますね。
その日の予定を考えたり、
仕事の段取りを想像したり。
コーヒーが
スイッチとなって、
あたまがカチカチと
動き出す感じです。
最近
私は
緑茶にも
はまっています。
緑茶の香りも
コーヒーと同じ効果があります。
話を
コーヒーに戻すと
コーヒーの「香り」は
味覚にも
大きく関わっています。
うんうん、
それはそうでしょう。
と思われているあなた。
どれだけ
「嗅覚」が
味覚に影響しているかを
自分自身で体験してみましょう。
実験は簡単。
「鼻をつまんで
コーヒーを飲んでみましょう!」

どうでした?
実は
コーヒーって
苦いだけですね。
本当に。
これ、
コーヒー以外の
食べ物
なんでもそうです。
鼻をつまんで
スウィーツ、
や果物を
一口食べてみて。
甘さは感じます、
食感も感じます。
ただ、
美味しくない。
(-_-)
嗅覚は
外からの香り
をキャッチする
と同時に
口からの食べ物の
香りもキャッチします。
これを
レトロネイザル香(Retronasal smell)
といいます。
レトロとは「逆行」という意味です。
この場合は
喉や口から鼻にぬけて
感じる香りのことです。
食べ物を噛むときには
自然と
鼻から息をだしますよね。
そう、
それのことです。
一方、
普通の外からの香りは
オルソネイザル香と言います。
(Orthonasal smell)
オルソとは「標準の」という意味です。
この場合は
鼻から吸い込む香りのことです。
つまり
「嗅覚」は
食べ物の
味覚や
嗜好にも大きく影響しています。

大好きな
食べ物を
一度
鼻をつまんで
食べて見て。
きっと
思っていた以上に
味気ないから。
体験シリーズ第4弾でした。
おいおい
いつから
そんなシリーズ始まったんだ?
そんなことは気にせず
ポチッとご声援のほど
よろしくおねがいします。

健康と医療 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP