不自然な姿勢


forest-732514_640.jpg

ゴールデンウィークの予定は決まっていますか?
私は山へ行こうと思っています。

いままでやったことがないのですが、
山道を軽く走りたいな。

こけると大変なので、全神経を集中させる。
「トレイルラン」というらしいです。
Go wildという本を読んで以来、

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

中古価格
¥2,000から
(2016/3/5 20:58時点)

野生の感をとりもどうと
意識しています。

人間も生き物なので、
本来、
生命の生き生きとした
躍動感があるはず。

仕事場では
コンピュータに向かって
作業をつづけているのですが、
体や目には
かなり負担がかかっています。

皆さんはどうですか?

実際に、
座って作業をするグループでは
心臓や血管系の障害が多く、
近年、
シッティング病(sitting disease、座り病)と呼ばれています。
アメリカ、
テキサス州ダラスに住む、
約2000人を対象にして、
座っている時間の長さを、
「モーション・トラッキング・デバイス」と呼ばれる装置で測定しました。

その結果、
平均の座る時間は
5時間で、
高齢者ほど座る時間が
長くなっていました。
また、

年齢に関係なく、
座る時間が長くなるほど、
CTスキャンによって
心臓の冠動脈石灰化が
増加する傾向にあったのです。

つまり、
血管が詰まりやすく、
脳梗塞などもおこしやすい。
数値で示すと、
1時間座る時間が増えると
14%血管障害のリスクが高まるそうです。

???
(・・?

「14%増える」と
言われてもよくわかりません。

座り続けるのはよくない。
のはわかる。

うん。
要は

50分程作業を続けたら
「トイレやコーヒーや
おしゃべりなどをしに行けばよい!」
ということ。でしょ?

簡単!
(^。^)
トレイルランのことを書こうと
思っていたのですが、
「座り病」を思わず、
調べてしまいました。

今日の参考文献はこれでした。


健康と医療 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

天然糖質を生かして脳の活性化を!

PAGE TOP