グレープフルーツ で 血糖値 を抑えるから 認知症予防にもつながる

a0011_000323.jpg
認知症の最も高い危険因子は
加齢です。

また
生活習慣病
危険因子の一つです。

大規模疫学研究(ロッテルダム研究)によると
糖尿病の人は
普通の人より、
認知症に2.0倍
なりやすい。

ほかにも
多くの疫学データから
J Alzheimer Dis 16: 677―685 (2009).
値は少しづつ異なりますが、
やはり糖尿病の方は認知症になりやすい。

どれくらいなりやすいかというと
約2 – 4倍も認知症になりやすいということです。
「メタボ」から
メタボケ」です。

糖尿病を防ぐ、
もしくは
進行させないために、
日常、我々ができることは何でしょうか?



果物から血糖値を下げる

医食同源ということで
食の一つ、
果物に注目しました。

「グレープフルーツ」を食べることで
血糖値も体重も減らす効果があります。
J Med Food 9: 49–54. (2006)

では
グレープフルーツ中の
成分を抽出し
食べれば
良いのでしょうか?

Naringin(ナリンギン)は
グレープフルーツの苦味のもととなる物質。

グレープフルーツや
夏みかんなどの
果皮に多く含まれている
ポリフェノールの一種です。

これまで
ナリンギンは食欲を抑制したり、
脂肪の分解を早めたりする役割が
報告されています。

まず
ネズミに高脂肪分の
食事を与えます。

ヒトでは
高カロリー食を
毎日
食べるようなものです。

もちろん体重が
どんどんと増えてきます。
journal.pone.0108408.g006+.jpg

しかし
グレープフルーツを食べている
ネズミのグループは
70日目ぐらいから
体重の増加が抑えられました!
血糖値も下がりました!
インスリン抵抗性も改善しました!



グレープフルーツ成分では効果なし

しかし
グレープフルーツの苦み成分
ナリンギン単独では
血糖値を下げることはできましたが、
残念ながら
体重の増加を
抑えることができませんでした。

血糖値を下げる薬、
メトホルミン
(メトグルコという商品名で
大日本住友製薬から販売)
でも同様で、
血糖値を下げることは
できましたが、
残念ながら
体重の増加を抑えることが
できませんでした。

つまり、
グレープフルーツは
果物、
もしくはジュースとして
いただくことで
初めて効果があらわれる
ということです。

PLOS one 9 e108408 (2014)



グレープフルーツは
99.9%輸入に頼っています。

輸入されるグレープフルーツについては
防かび剤をはじめとして
安全性について
様々な問題が指摘されています。

99.9%ということは
0.1%は国産グレープフルーツだということです。
健康に意識の高いムソウが取り扱いをしていました。

ムソー オーガニック グレープフルーツジュース 1L [有機JAS]《あす楽》



まとめ

高血糖や耐糖能異常の人は
認知症になりやすい。

急激に血糖値を上げる食べ物は
糖質です。
例えば
ご飯の量を減らす。
甘いものを減らす。

お酒好きの人は
ビールもしくは
グレープフルーツ酎ハイが
血糖値対策にお勧めです。

あんたが好きなだけやろ!

(-_-;)
「ウっ、、、当たってる。」

今日の記事はここまでです。
コメント・アドバイス・リンクシェアーなどはこちらへどうぞ。


よかったら
みそしる押してください。

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP