認知症の原因と結果と対処方法



認知症の方の
頭の中では
なにが
おこっているのでしょう?

昨日、
幻視や錯視の原因は
脳の中に
異常な物質が
蓄積するから、
と書きました。

確かに
+PK シヌクレイン++.jpg



認知症の方の
脳の中や
自律神経など
いろいろな場所に
異常な物質はたまっています。

今日の画像の
左が正常の方
右が認知症の方です。

右の方では
茶色の物質が
びっしりと
広範囲に
広がっているのが
おわかりでしょうか。

この場合は
レビー小体型認知症の方の
後頭葉、
つまり脳の後側です。

この茶色い物質は何?

これが無くなれば
症状もよくなるのでは?

先人の研究者たちも
同じことを考えました。
そして
彼らが
約20年前に
この物質の
小体を明らかにしました。

さらに
かれらは 
ネズミの脳内に
この物質を
蓄積させて
予想通り
症状が
出てくることも
確かめました。

そして
2年ほど前に

このたまった物質を
除去すると
症状もよくなることが確かめられました。

では
人にもそれを応用しよう。
(^-^)

どうやって?
(・。・)

ネズミに使った方法は
人に使えません。

なぜなら
人為的に
遺伝子操作をして
異常な物質が
たまったら
スイッチをオフに
したのです。

人には
たまった物質を減らす
スイッチが
ありません。

そこで
現在
薬剤や抗体など
で異常な物質を減らす方法が
試みられているわけです。

ここで
もういちど最初にもどります。
「幻視や錯視の原因は
脳の中に
異常な物質が
蓄積するから。」
この答え
ほんとうにあっているのでしょうか?

人類が数十年かけて
その証拠も集めましたし、
結果もそのとおりです。

しかし
結果と現象を
もういちど、
見直すと
次の2つの可能性
両方
ありえるのでないでしょうか。

1異常な物質が
蓄積したから
神経細胞が弱った。

2神経細胞が弱ったから
異常な物質が
蓄積した。

この可能性は
アルツハイマー病、
レビー小体型認知症、
筋萎縮性側索硬化症(ALS)、
ピック病でも
神経変性疾患すべてに
当てはまります。

じゃー
どうすればいいの。
話が長いっ!
Angry baby.jpg

えええっ
(;一_一)
だっ、大丈夫です。

(続く)

私のつたない文章でも
なにかお役に立っているようでしたら
うれしいです。
またポチッとよろしくお願いします。

健康と医療 ブログランキングへ

2015年3月
« 1月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP