認知症研究をしている人は信頼できる 認知症研究 を引用します


引用している科学論文についてです。

論文にも信憑性の高いものと、
残念ながら
そうでないものがあります。

どうやったら判断できるのでしょうか?
一つの方法は、
その論文が「どれだけ引用されているか」
をみるとよいです。

専門家同士ですから
引用するからには信用のおける
論文を使います。

おおよその引用回数は、
Google scholorなどですぐにわかります。

これまでにもっとも多かった論文トップは
タンパク質の簡易な定量法を記載した論文でした。

1900年から
2014年10月までの科学論文の総数は
約5000万件。

その内、
1000回以上引用される論文は
たった、0.02%ほどです。

数を言われてもよくわからない。

では
見えるようにしましょう。

5000万件の論文の
1ページ目だけを
プリントアウトして
積み上げていくと、
なんと
キリマンジャロ山の高さに匹敵します。

これらの論文のうちで

1000回以上引用される論文は
頂上から1.5メートルほどに収まるとのこと。

つまり
1000回以上引用される論文は
本当に
本当に
少ないということです。

1合目から8合目までは
一度きりの論文が
占めてしまうのです。

残念ながら
私の論文もいくつかは
1合目から8合目に含まれます。

キリマンジャロコーヒーの香りとともに反省。
(-_-)

Nature (2014) 514 P550 からの引用でした。

私の論文で最も
引用の多いのは
100回は超えています。

何合目かな?

2015年1月
« 12月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP