1. 対処方法

    パーキンソン病の新たな薬はウェアリングオフやジスキネジアのでる方に適応です

    2017年3月28日追記有りパーキンソン病の症状を軽減する現在の治療方法は「レボドパ (levodopa)・L-dopa」の服用です。その問題点問題はレボドパを服用してから5年後には約30%の方、7年後には約50%の方にウェアリング・オフ(Wearing off)が出現するとされています。ウェアリングオフとはレボドパを服用して…

  2. 健康

    医療経営士になるには…今後 認知症のための医療体制もかわる. 変える必要があります

    認知症をはじめ神経変性疾患は現在のところ現状維持 もしくは残念ながら悪化していく、進行性の疾患がほとんどです。医学がすすんでいるといって…

  3. 認知症

    認知症と物忘れの違いは? ちびまる子ちゃんの おじいちゃん から考察する3つのポイント

    認知症とただの物忘れは違います。日常生活からわかる、いくつかの判断基準を見ていきましょう。例えばさくらももこさんの「ちびまる子ち…

  4. レビー小体型認知症やパーキンソン病の皮膚トラブル 砂糖・スウィーツと皮膚のかゆみが関係

    パーキンソン病患者さんは「震戦・震え」が症状と思われていますが、それはすでに病期が進行しています。もっと早期には症状として現れるのは「嗅覚の…

  5. レビー小体型認知症とパーキンソン病の便秘は シヌクレイン が原因です.

    パーキンソン病とレビー小体型認知症の方の脳内では、あるタンパク質の機能が発揮できず内臓全般に影響をおよぼしています。アルファーシヌクレインと…

おすすめの記事

PAGE TOP